桂川堤防から見る夕日

近所の桂川堤防から見た夕日が

きれいなので写真を撮りました。



s-DSC00376.jpg




s-DSC00377.jpg




s-DSC00380.jpg






s-DSC00383.jpg






s-DSC00385.jpg




s-DSC00387.jpg



スポンサーサイト

釣りと日常

s-DSC00238.jpg

新しいカメラを片手に桂川へ行き、
ヌートリアの動向をおさめるのが
生活の中の小さな彩りとなっていました。

しかしある時、釣り人が中州に橋をかけたり
石を積んで道を作ったりして
さらにそこを犬を散歩させる人もいたりで
巣のそば近くまで人が行き来するようになってから
人間の気配や犬の足音におびやかされたのか、
ヌーちゃんはぱったり姿を見せなくなりました。

さみしい。


けれど、川にはたくさんの魚がいるのが分かります。
ヌーちゃんは見れなくても、魚が僕を呼んでいる。

釣り好きの血がさわいで、
僕も毎朝(雨の日以外)早起きをして
釣り糸をたれるようになりました。

ネコの習性

辺りが暗くなり、霧ネコの館に戻って、



電気つけようと暗い土間を横切ってると





「ニャぁ!ワッ!



というさけび声が足下で響く…





「うわ!こんなとこにおったんかいな!びっくり







チッチ猫が僕が帰ってきた物音を聞きつけ



暗い土間の中で待ち伏せしていたのだ。





そのチッチの足かしっぽを



そうとは知らず踏んでしまう僕。






「ニャア!今日のチーズまだやんけ!」



チッチ(ネコ)にとって僕は

「ハムの人」ならぬ「チーズの人」。…パクッ





その後、ドタっという音と共に

自らあおむけになり、

足をうんとのばして(バンザイして)



寝転んだまま、体を掻いてくれとせがむ。


(“家庭の狩人”なのに、スキだらけ。)





チーズを切らして、買い忘れた時は



「ごめんごめん」とあやまりながら



おわびに遊ぶ時間を多めにする。時計




(ずっとネコと遊んでるわけではない。

 台所にパソコンがあるので

 メッセージを作ったりまとめたりする

 その横でネコがじゃれてくるのだPC







体を掻いたりブラシするのは

僕の指がつかれるので、

こういうおもちゃに頼ってみる。





ネズミのおもちゃを持ち込んでからというもの、

クックも一緒に遊ぶようになった。グッド








ネコの一日





季節の変わり目で体がしんどいね。





けど、なかなか起きれなくて



あと30分で仕事に行かなきゃいけないと

あわててる時でも、



台所へ入ると



物音を聞きつけてニャンコたちが2階から降りてくる。







どんなに急いでる時でも、



彼らの朝ご飯を作ってあげねば…。食事





ネコ用のまぐろ缶とかつお缶にドライフード、



削り節をまぜてやる。



僕の朝ご飯(ヨーグルト&レーズンと食パン)より



手が込んでいる。





聖書の例え話の放蕩息子が、一文無しになった時



「(仕事でお世話してる)豚の

 エサでもいいから食べたい…」




と思ったように、僕も飢えた時



ネコのご飯をうらやましく思うことがあったりして。豚

ネコが喜ぶオモチャ





さいきん、僕が帰るとチッチは

まずチーズをもらおうと

ニャーニャーさいそくする。





そのあとブラシをしてやると



しっぽを僕の足にパタ、パタと打ち付け

気持ち良さげにいつまでも目を細めている。





そして僕が台所にいる間は

遊んでくれ~遊んでくれ~と

すぐそばで待機している。







そんなチッチのために

おもちゃのネズミを仕向けてみた。




GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。