FC2ブログ

ネコの習性

辺りが暗くなり、霧ネコの館に戻って、



電気つけようと暗い土間を横切ってると





「ニャぁ!ワッ!



というさけび声が足下で響く…





「うわ!こんなとこにおったんかいな!びっくり







チッチ猫が僕が帰ってきた物音を聞きつけ



暗い土間の中で待ち伏せしていたのだ。





そのチッチの足かしっぽを



そうとは知らず踏んでしまう僕。






「ニャア!今日のチーズまだやんけ!」



チッチ(ネコ)にとって僕は

「ハムの人」ならぬ「チーズの人」。…パクッ





その後、ドタっという音と共に

自らあおむけになり、

足をうんとのばして(バンザイして)



寝転んだまま、体を掻いてくれとせがむ。


(“家庭の狩人”なのに、スキだらけ。)





チーズを切らして、買い忘れた時は



「ごめんごめん」とあやまりながら



おわびに遊ぶ時間を多めにする。時計




(ずっとネコと遊んでるわけではない。

 台所にパソコンがあるので

 メッセージを作ったりまとめたりする

 その横でネコがじゃれてくるのだPC







体を掻いたりブラシするのは

僕の指がつかれるので、

こういうおもちゃに頼ってみる。





ネズミのおもちゃを持ち込んでからというもの、

クックも一緒に遊ぶようになった。グッド








このネズミにはヒモがついてて、



僕が持ち上げたり引っ張ったりして



彼らがつかまえそうになるたびに



サッとたぐり寄せたりして、



そのたびにくやしそうな顔をするニャンコ達。
















さて、このすばしこいネズミが



なかなかつかまえられなかったら、



彼らはどうすると思いますか?






宙へおどりあがってネコアタック!!



…ではなく、静かに物陰へ体をひそめるのです。





「あのネズミが油断するまで、

 おいらがネコだと気づかれないように

 じっとしていよう」






そう、彼ら

ネズミが本当に生きてると思ってる

(らしい)んです。











ネズミがおとなしくなるのを待って

虎視眈々とチャンスをうかがう

ニャンコたち…





今日も奴らはどこかで待ち伏せしています。

(僕のことも…しょんぼり








スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。